救命救急講習

 先日、小学校のPTAの研修で救命救急の講習を受けてまいりました。
救命の講習は2回目ですが、忘れていることも多く「あぁ そうだったな!!」と再確認する事が多かったです。
また、今回はAEDの使い方についても教えてもらい、安全かつ最善の方法で使わなければいけない事を学び、緊急時には落ち着いて行動することの必要性を感じました。

さすがは消防署の救命士の皆さんです。日頃の訓練の賜物ですね
迅速で確実な行動でお手本を見せていただきました。

こういった緊急の現場は、いつ どこで起るかわかりません。
周囲で救命処置を必要とする人が現れた時に備えて、心の準備が必要です。

日本人は、そんな現場に居合わせた時、自分から行動を取れるという人が少ないそうです。

そんな時こそ、率先して行動できる人になりたいと思います

 

201307171627_1-300x0.jpg
 

水子とは?

水子とは、中絶 堕胎 流産 死産 などで、この世に生まれ来ることが出来なかった命のことをいいます。様々な理由で水子となった命を供養するのが水子供養です。水子供養は、産まれてくることが出来なかった命、また産んであげることが出来なかった命を弔うためだけのものではありません。水子供養することにより、命の尊さ、生きるということの大切さについて考えていただく場でもあります。