全真言宗青年連盟 第34回決集 宮城大会

11月12日・13日と全真言宗青年連盟主催 第34回結集 宮城大会に参加してまいりました。

今回は智山派の智山青年連合会の担当において、「鎮魂」~真言僧侶の使命~というテーマで、真言宗の青年僧侶300名以上が全国より宮城県松島に参集いたしました。

震災後、東北の被災地に向けて何かしらのアクションを起こしたいと思いながら、なかなか機会に恵まれず、この機会を頂き感謝申し上げます。

まず結集開会前に松島を散策してまいりました。

瑞願寺 松島を周遊する遊覧船など、松島を満喫させて頂きました。


201311151504_1-150x0.jpg  201311151504_2-150x0.jpg  201311151504_3-150x0.jpg  201311151504_4-150x0.jpg

   
その後、会場に移動し第34回結集。
201311151504_1.png


個人撮影に関しては、制限があったためメディアで紹介された内容をお知らせします。

201311151504_2.png  
 



  法要のテレビ中継


201311151504_5.jpg 毎日新聞

私たちにできること・・・を、改めて考えさせて頂く機会となりました。

被災地の復興と、世界の平穏を心より祈念いたします。



水子とは?

水子とは、中絶 堕胎 流産 死産 などで、この世に生まれ来ることが出来なかった命のことをいいます。様々な理由で水子となった命を供養するのが水子供養です。水子供養は、産まれてくることが出来なかった命、また産んであげることが出来なかった命を弔うためだけのものではありません。水子供養することにより、命の尊さ、生きるということの大切さについて考えていただく場でもあります。